未分類

台湾航空券を出来るだけ安く予約する方法とは?

台湾に出来るだけ安く行きたい!少しでもお得に行きたい人の為に予約時に注意できることをまとめてみました。旅行業界の事情は航空会社によっても異なるので一概にはいえませんが少しでもお得に台湾にいくために参考にしてみてくださいね。
格安航空券はちょっとしたコツが大切です。

■台湾にお得に行くには上手に割引を利用しよう
LCCの場合、搭乗する6週間前に予約をするといいといいます。
航空機を予約する時は1週間違うだけでも数千円金額が変わってきますのでタイミングが大切です。絶対に損をしたくない人はこまめに公式サイトを見るなどして理想の金額になった時点で予約するのがいいでしょう。GWや夏休み、年末年始など需要が高い時期の場合早めの予約か直前割引などを利用してみてもいいでしょう。
また、団体で予約をすると高い金額を提示されることもあるので数人で旅行する時は個人個人で予約したほうが安い場合もありますよ。

■台湾にお得に行くには予約する時間や曜日が大切?
出発や予約するには午後の時間がおすすめです。
午前中は需要が高くどうしてもその日の午前中に飛行機に乗らないといけない人が多い為だと言われています。
また予約をするのに曜日が関係しているとされていて、土日の予約は一番損をするそうです。土日は予約をする人も多く、高くても予約していく人が多い為通常料金より数%高い設定がしてあるようです。新しい発売情報がUPされるのは月曜日で火曜日はそれにセールの情報もUPされます。そうなると1週間の中で一番予約するのに適しているのは水曜日ということになります。予約する曜日を調整できるのであれば是非、水曜日にしてみてくださいね。

■台湾にお得に行くにはフリープランを上手に利用しよう
フリープランを上手に使ってみましょう。個人でバラバラに予約するより安くなる場合があります。フリープランは旅行会社からの予約でなくてインターネットからの予約がおすすめです。予想以上に安いプランがたくさんありますよ。

いかがでしたでしょうか?
紹介した以外でも格安飛行機チケットを販売している各旅行会社や予約サイトに会員登録しているだけでお得に予約できる場合もあります。サイトに出ている空き情報や金額が実はすべてではないのですね。少しでもお得に行くために1個のサイトだけではなくて様々なサイトを比較してみるのがいいでしょう。その時によって最安値の航空会社も変わってきますし、時間との配分を考えると実は損していた!なんてこともありますよね。

未分類

台北に行くならここは必須!おすすめ観光地3選

台湾の中心地と言えば台北と言えるでしょう。台湾の歴史を感じられるエリアや、お買い物を楽しむことも食事も楽しむことが出来るので全部見るとすると1日ではまわりきれないぐらいの魅力にあふれています。そんな台北の中でも特にここだけは観光すべきと場所をピックアップしてご紹介致します。

■故宮博物館で世界遺産を満喫しよう
入場する時にパズポートの提示を求められます。世界遺産としても知られていて地下鉄の駅からアクセスも近いのでここを外せないスポットです。明代の1420年に永楽帝の命令で作られました。絶対的な権力を感じる造りに歴史的な背景がわからなくても十分楽しむことが出来ます。中は広大なのでどこから見ればいいのか迷ってしまうかもしれません。
出来ればガイドさんつきの方がおすすめです。

■台北101で豪華ショッピングを楽しもう
これで台北イチマルイチと読みます。台北の世賀駅を出てすぐにあります。世界有数の高さが印象的なショッピングモールです。遠くからみても目立つのですぐにわかると思います。高級ブランドや生活用品、食品などさあざま商品を取り扱っています。内装もとてもゴージャスなので台北に行ったら一度は訪れてみたいスポットです。

■中正記念堂で蒋介石総統の魅力を感じよう
台湾の人気スポットといえばここと言う人も多いのではないでしょうか?
約25万の広大な土地に蒋介石総統をたたえるために造られました。エレベーターで昇ることも出来ますがここは階段をのぼりながら台湾の人たちの蒋介石総統への想いを感じてみるのもいいでしょう。5階までのぼると蒋介石の銅像にお会いできます。
蒋介石の横にいる衛兵は瞼一つ動かさないように訓練をしているそうでどんなに暑くてもびくともしません、観光に来た人のお目当ての1つにこの衛兵お交代式があるようです。午前9時~5時迄なのでそのタイミングに合わせると見ることが出来ますよ。
ここには半日的な資料も残っているので苦手な人は止めた方がいいでしょう。

他にも台北一つでみても観光スポットはたくさんあります。産国氏の英雄を祀る行天宮や、日本統治時代につくられた総統府、スーリン夜市などもおすすめ。朝から夜まで一日通して十分満喫できますよ。旧正月になるとランタンのお祭りも行われます。光のイルミネーションが幻想的でとっても魅力的です。旧正月は混んでいるのでおすすめしませんがこういった旧正月しか楽しむことが出来ない台湾の文化を感じるのも楽しいですね。

未分類

台湾の気候や世情を知ってベストシーズンに旅行しよう

せっかく台湾に行くのであればベストシーズンで楽しみたいものですよね。
台湾はとても魅力的な場所なので1度行くと何度でも行きたくなること間違いありません。ですが時期選びがとても重要になります。台湾のベストシーズンとはいつ頃なのでしょうか?また台湾に行く際にもっていった方がいい物など初めて台湾に行く人も安心できる情報をお伝えします。

■台湾旅行で気を付けた方がいい季節とは?
旧正月は観光客でもにぎわう時期なのですが観光地も混雑してしまいゆっくり見ることが出来ません。旧正月の時期は毎年少しずつ変わるのですが旧正月の華やかな雰囲気を楽しみたい人にはいいかもしれませんね。
7~9月は真夏の気温の為暑くて大変なので観光にはあまり向きません。台湾は地理的に沖縄に近い為台風の通り道になることも多く6月~9月は注意が必要です。日程を調整できるのであればこの時期は避けた方がいいでしょう。温泉も楽しむのは少し難しいかもしれません。

■台湾旅行に行くならこの時期がおすすめ
10月がベストシーズンです。夏の終わりで比較的気温も高いのですが1年間の中で一番過ごしやすく観光には向いている時期です。11月以降は日本でいう秋ぐらいの気温になるので暑いのが苦手な人にはいいかもしれません。
でも台湾には美味しい果物がたくさんあり、日本で食べるよりも安いのでおすすめです。
そんな果物は夏場の方が多いので果物を楽しみたい人は夏でもいいかもしれません。
冬だと魚介類も少ないようです。

■台湾に観光に行くならこれは必需品です。
エコバックやビニール袋をもっていくのがおすすめです。
台湾ではビニール袋全般が有料になっています。また、長袖の上着なども持っていきましょう。台湾は外が暑い為室内はクーラーがガンガン効いている場合があります。薄着では寒く風邪をひいてしまうこともあるので忘れずに持っていく様にしてくださいね。
また、台北は日本語がわかる人も多いのですが少し離れた高雄などに行くと日本語が全く通じない人もいるので紙とペンは持って行った方がいいと思います。

台湾は日本から近い場所にありますが、気候も違えば注意することも違うので時期をしっかり見極めて台湾を思う存分楽しみましょうね。夏は暑いのですが、高原に行くのもおすすめです。避暑地として自然の美しさを感じながら都市巡りでは得られない感動を味わう旅もいいですよね。その時期にしか楽しめない場合もあるのでどのシーズンでも観光地を」工夫して楽しみましょう。

未分類

台湾はここが違う!?旅行に行ったら注意したほうがいいこと

日本から近く4時間程で行ける海外として人気がある台湾ですが、日本とはもちろん言葉や文化が違います。日本人が観光に行った時にこれだけは知っておかないと恥をかいてしまうことをまとめましたので参考にしてみてくださいね。

■台湾人の口癖の意味に注意すること
「は?」台湾人にとってこれは「え?」にあたります。日本では何だか嫌な印象を受けてしまう言葉ですが台湾の人にとってみればこれはただ聞きかえしているだけなのです。
これを気にしてしまうと何かわからないことがあった時もきけなくなってしまうので覚えておきましょうね。

■狂犬病の危険性を認知する
台湾の人にとって犬は家族同然で、犬好きな人が多い国民性にあります。
日本人のように必ずリードに繋がっているわけではなく、放し飼いの場合もありますし野良犬も普通にいます。夏に台湾に行くと暑くてだらけている犬を良く見かけます。
実際のところ狂犬病はたぬきしか発症していないようですが念のため注意しておいた方がいいでしょう。

■初心者のタクシーは大変です!
日本語が通じない乗務員さんの多いので紙に書いて伝えるようになると思います。台湾はタクシーがとても安いので移動手段としてはとても便利です。タクシーに乗る場合は街にいるような流しのタクシーではなくて宿泊先のホテルで手配してもらったタクシーを利用するようにしましょう。また、地下鉄をうまく利用するのもおすすめです。地下鉄自体はとっても清潔ですし、治安もいいので安心して利用することが出来ます。
また地下鉄はMRTという分類になるのですが、車内はもちろんのことホームでも飲食が絶対禁止になっています。改札前に黄色い線がありそこを越えたら飲食は禁止です。
台湾の地下鉄は日本と比べてもとてもキレイです。そういった管理の徹底のたまものなのですね。

■トイレの紙は流しません!
日本のトイレの様に便器に入れて流すわけではなくトイレ横にボックスがありますので拭いたらその中にいれるようにしましょう。誤って流してしまうと詰まってしまうことがあるので注意しましょうね。

日本では当たり前のことが台湾では当たり前でないことがたくさんあります。
現地に行って白い目をされるのもいいものではありませんよね。
出来れば台湾とはどういった国で何に気を付けたらいいのか調べてからいくようにするのがいいでしょう。注意ポイントを理解して素敵な台湾の旅をお過ごしくださいね。

未分類

台湾へは格安航空券で!存分に楽しもう

台湾は遊びも学びもグルメもどれをとっても満足できる素敵な場所です。
そんな台湾で思う存分遊ぶには抑えられるものはしっかりおさえる必要があります。
それはどうしたらいいのでしょうか?また、台湾のグルメの魅力をお伝えしちゃいます。

■台湾へは格安航空券を利用しよう!
時期や場世によってもかわりますが台湾へ行く飛行機で一番低価格帯なのはトランスアジア航空です。片道11800円で台北に行くことが出来ます。
台湾は観光もグルメもお買い物もとっても楽しい街です。
出来るだけ航空券を格安に抑えてお土産をたくさん買いたいところです。でも1点だけ注意して欲しいのがLCCの飛行機を使う場合荷物が有料になるところもあります。
買い過ぎて荷物の追加料金だけで高額になってしまうことがないように配送など工夫しましょう。

■台湾に行ったら食べた方がいいもの(食事編)
グルメの街としても知られる台湾。パクチーなど少し癖が強いので苦手な人もいるようですが、日本人に提供されるものは日本人向けになっていますし食べてみるとニオイこそ気になるもののとても美味しいものばかりです。
世界的に有名な小籠包のお店もおすすめです。小籠包は実は折り目が大切。熟練されたシェフだとこの折り目がとってもキレイで芸術的です。
鼎泰豐というお店が特に有名なので是非立ち寄ってみてくださいね。
また、台湾と言えば屋台がたくさんあることでも知られています。屋台がいいのが手軽に美味しい現地の料理を楽しむことが出来ることです。台湾の雰囲気を肌で感じたいのであれば屋台はとってもおすすめです。

■台湾に行ったら食べた方がいいもの(スイーツ編)
台湾で是非食べてもらいたいもの。それは女子なら嫌いな人はいないとされるスイーツです。街を歩いているだけで食べ歩けるような手軽なスイーツを多くみかけます。
お豆腐のプリンといわれる豆花はヘルシーで女性の強い味方になってくれます。つるとしていてさっぱりしているので暑い時期でも美味しく食べることが出来ます。
日本でも多く見かけるタピオカドリンク。もちもちとして本当に美味しい。小腹がすいた時はこれだけでも大丈夫そうです。

食べたいものばかりですよね!台湾のグルメは驚くほど美味しい物ばかり。それは食べない選択肢はないでしょう。台湾行の航空機の中で機内食を食べ過ぎて現地で美味しい物が食べられないなどがないようにしてくださいね。台湾はとても楽しいい観光地ですよ。